読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとだけワードプレス

ワードプレスに関するつぶやき

ワードプレスの海外版テーマを購入したあと日本語化するなら[Loco Translate]がオススメですよ

Wordpress

こんばんわ。

寒い日が続きますね~

相変わらず懐も寒いのでブログ更新します~。

f:id:YAMAKYO:20160116203045j:plain

 

前回、比較サイトやランキングサイト作るならワードプレスのテーマ【RE:Hub】がオススメですよ~って記事書きました。

 

www.lifelongstudy.info

ワードプレスの海外版のテーマには【RE:Hub】以外にも優良で機能豊富なワードプレスのテーマがたくさんあります。

 

今日は、ワードプレスの海外版のテーマを購入したいけど英語だし難しそう…とか、購入したのは良いけど、日本化するにはどうしたら良いの?…っていう方のためにオススメのプラグインを紹介したいと思います。

 

そのプラグインは「Loco Translate」

 

Loco Translateはテーマファイルの英語を日本語化してくれるプラグインです。

使い方もかんたんで初心者にもオススメですよ。

 

Loco Translate使い方

ワードプレスの管理画面からプラグイン⇒新規追加よりLoco Translateをインストールします。

プラグインのインストールが完了したら[管理]へ進みましょう。

f:id:YAMAKYO:20160116205924j:plain

 

今回は「RE:Hub」のテーマで例を説明します。

 

[+新しい言語]をクリック

f:id:YAMAKYO:20160116211716j:plain

 

言語の中から[japanese]を選択。

f:id:YAMAKYO:20160116211803j:plain

 

[翻訳を開始する]をクリックします。

f:id:YAMAKYO:20160116211837j:plain

 

①翻訳したい言語を選択

②翻訳する言語が表示されます。

③翻訳したい文言に変更します。

④保存します。

f:id:YAMAKYO:20160116211945j:plain

作業はこれだけ。

f:id:YAMAKYO:20160116212225j:plain

 

そうすると、下の「Add to compare」のボタンが

f:id:YAMAKYO:20160116211912j:plain

    ↓

f:id:YAMAKYO:20160116212247j:plain

このように日本語化されます。

 

かんたんですね。

この調子で他の英語も日本語に翻訳していけば、あっという間に日本語のオリジナルテーマの完成です。

他に「CodeStyling Localization」という有名なプラグインがありますが、「Loco Translate」の方が無駄な作業がなく、かんたんに翻訳できます。

 

海外のテーマは英語だし敷居が高そう…とか、ワードプレスの海外テーマを購入したけど、どうやって日本語化したら良いの…?という方には「Loco Translate」をオススメします。

 

ワードプレスの豊富なテーマ集はコチラ

themeforest.net

コミュニティサイト、ポータルサイトなど様々なテーマが揃ってますよ。

 

以上、「ワードプレスの海外版テーマを日本語化する方法」でした。